インプラント|伊那市の歯医者 あるが歯科クリニック。インプラントとは、メリット・デメリット、種類まで詳細をご案内

TEL.0265-84-1131

お問い合わせ電話番号 お問い合わせ電話番号
お問い合わせ お問い合わせ
  1. あるが歯科クリニック ホーム
  2. 診療メニュー
  3. インプラント

インプラント

IMPLANT
インプラント

インプラント治療とは

歯周病や虫歯などで歯を失った箇所の顎の骨に、チタンで作られたインプラント(人工歯根)を埋入し、その上に人工歯を取り付ける治療方法です。
チタンは金属製ですが、人体との親和性が高い物質でもあります。
そのため、顎の骨と癒着してしっかり結合するので、天然歯のような噛み心地を再現して歯の機能性を回復することができます。
入れ歯のように、外して洗うような必要もありません。

当院のインプラント治療

当院では、インプラント治療に精通した医師が在籍。スタッフとの連携を重視したチーム医療で、多面的に治療方針を検討していきます。

  • メガジェンインプラントインストラクター

    メガジェンインプラント
    インストラクター

    有賀院長は、メガジェン社インプラントのエキスパートであり、即時荷重インプラントのセミナーなど、国内外の歯科医師に即時荷重・早期荷重の低侵襲インプラント治療の指導をしています。患者さまに寄り添った優しいインプラント治療を広め、後進の育成に尽力しています。

  • 株式会社白鵬スプラインインプラントアドバイザー

    株式会社白鵬
    スプラインインプラントアドバイザー

    当院の院長・有賀は、最先端歯科医療のテクノロジーを臨床の現場へ提供している株式会社白鵬で、歯科医師を対象にしたスプラインインプラントのアドバイザーとして活躍。講義や実習を通じてインプラントの深い知識をさまざまな領域に広げ、インプラント治療の発展と理解促進の役割を担っています。

  • IDI(インプラント・セーフティー・マーク)

    IDI
    (インプラント・セーフティー・マーク)

    歯科医院を審査・認証する第三者評価機関「NPO法人 歯科医療情報推進機構(IDI)」に、インプラント・セーフティー・マークを認定されました。 この審査は、「診療内容」「人的環境」「オフィス環境」「運営環境」「管理環境」「改善環境」の項目について評価されるものです。これらが一定レベル以上にあるとされることで、安心・安全な歯科医療機関として認定されます。

  • ICOI

    ICOI

    当院は、口腔インプラント学会であるICOIから以下の認定を受けています。

    ICOI Diplomate(指導医)

    補綴と外科治療を行なう歯科医師を対象にした、ICOIの最上位資格

    ICOI Fellowship(認定医)

    インプラント治療において一定の知識・技術を有している歯科医師、歯科技工士

    IPS Mastership

    ICOI Fellowshipよりも高度な条件が要求される資格

即時荷重研究会・会長

即時荷重研究会・会長

即時荷重研究会・会長

当院の院長は「即時荷重研究会」の会長を担っています。
「即時荷重」とは「即時荷重インプラント治療」のことです。
歯科インプラントの新しい治療法で、インプラントを埋入手術した当日、または翌日に仮歯を装着し、食事ができるようにするものです。
しかも、歯を抜くのと同時にインプラントを埋入する「抜歯即時埋入」も行なっています。これまでインプラント治療によって噛む機能を取り戻すまでには、数か月という長い期間が必要でした。
特に仮歯が入るまでの間、患者さまは歯がない不自由な状態で過ごさざるを得ませんでした。

しかしガイデッドサージェリーなどにより、「切開をしない」「腫れにくい」「早く治癒する」いわゆる低侵襲治療が可能になり、「即時荷重インプラント治療」が実現するようになりました。
当院では、ただ噛めるようになるだけの治療ではなく、治療中も快適に過ごせるよう「より患者さまに寄り添った治療を行なう」ことを大切にしています。
しかしながら、即時荷重インプラント治療は高度な技術を要する治療であり、患者さまの顎骨の状態だけでなく、医師の経験や精密な治療や検査もできる設備を備えている必要があります。
当院院長は、多くの歯科医師にその技術を広めるべく、会長・講師としてセミナーや講習などを行ない、後進の育成に尽力しています。

治療期間を短縮できる治療法

治療期間を短縮できる治療法

抜歯即時埋入とは

インプラントが必要な患部に天然歯が残っている場合、抜歯して即日インプラントを埋め込み仮歯取り付けまで行なう治療です。
従来のインプラント治療では、抜歯した傷が治癒するのを数ヵ月待っていましたが、この治療方法により治療期間を大幅に短縮できます。
抜歯即時埋入のメリットは時間短縮だけではありません。
抜歯した直後の埋入は傷口が治りやすく、骨の回復も早くなります。
また、手術の回数も減るため、体への負担が軽減されます。
患者さまの患部の状態など、条件に問題がなければ実施できる治療です。抜歯即時埋入をお考えの患者さまは、お気軽にご相談ください。

インプラント治療の流れ

当院のインプラント治療の流れをご紹介します。
「抜歯即時埋入」+「即時荷重」インプラント治療であれば、「歯がない期間」がなく、通院回数や治療期間が大幅に短縮されます。

一般的なインプラント治療(二回法)の場合

術前診断

  1. STEP01

    医療面接・カウンセリング・応急処置・検査

    患者さまのお悩みやご質問についてお聞かせいただき、インプラント治療がどのようなものかお話します。プライバシーが守られた空間で行ないますので、安心してご相談ください。
    お口の中を拝見し、患者さまの口腔内がどのような状態にあるかチェックします。虫歯や歯周病の有無について調べます。

    STEP01 医療面接・カウンセリング・応急処置・検査
  2. STEP02

    精密検査

    診査・レントゲン撮影・CT撮影・歯型採取など

    CTやレントゲンといった設備を使い、歯や顎骨などの状態を詳しく調べていきます。口腔内のあらゆるデータを揃え、トータルで見たときにどのような治療方法がよいか計画を立てていきます。

    STEP02 精密検査
  3. STEP03

    診断・カウンセリング

    治療計画立案

    治療内容のご説明

    お見積もり

    同意書へのサイン

    具体的な治療計画と治療期間や料金、もし治療を希望しなかった場合の代替案などについて、お話させていただきます。ご納得いただいたうえで治療を開始します。

    STEP03 診断・カウンセリング
  4. STEP04

    (必要があれば)準備治療

    虫歯・歯周病などがある場合は先に治療します。

    STEP04 (必要があれば)準備治療

一次処置

  1. STEP05

    (必要があれば)抜歯

    STEP05 (必要があれば)抜歯
  2. STEP06

    (必要があれば)骨造成などの処置

    STEP06 (必要があれば)骨造成などの処置
  3. STEP07

    一次手術

    インプラント埋入手術

    縫合

    インプラントを顎骨に埋入する手術をします。歯肉を切り開き、骨にドリルで穴を空けてインプラントを埋めます。インプラントの上に歯肉を被せて縫合し、インプラントと骨がしっかり結合するのを待ちます。

    STEP07 一次手術

治癒期間 6~8週

  1. STEP08

    術後のチェック

    インプラントと骨がしっかり結合したか確認します。

    STEP08 術後のチェック
  2. STEP09

    抜糸・仮歯作製

    STEP09 抜糸・仮歯作製
  3. STEP10

    仮歯装着

    STEP10 仮歯装着
  4. STEP11

    二次手術

    切開

    アバットメント装着

    インプラントと骨が結合したのを確認し、歯肉を切り開いてインプラントを露出。露出した部分に仮歯を装着します。仮歯の噛み合わせなどをチェックし、歯肉の傷が治るのを待ちます。

    STEP11 二次手術
  5. STEP12

    治癒期間

    STEP12 治癒期間

人工歯装着

  1. STEP13

    上部構造(人工歯)作製のための型どり

    歯型採取など

    STEP13 上部構造(人工歯)作製のための型どり
  2. STEP14

    上部構造(人工歯)装着

    装着・咬合調整

    治療完了

    仮歯を外し、天然歯と調和が取れるよう色合いなどを調整した上部構造を取り付けます。噛み合わせなどに違和感がないか確認し、完了となります。

    STEP14 上部構造(人工歯)装着
  3. STEP15

    メンテナンス・定期点検

    インプラント治療後も、定期的に通院いただいてメンテナンスをしていきます。噛み合わせのチェックのほか、クリーニングを行なってインプラント周囲を清潔に保ちます。

    STEP15 メンテナンス・定期点検

即時荷重(抜歯即時埋入)の場合

術前診断

  1. STEP01

    医療面接・カウンセリング・応急処置・検査

    患者さまのお悩みやご質問についてお聞かせいただき、インプラント治療がどのようなものかお話します。プライバシーが守られた空間で行ないますので、安心してご相談ください。
    お口の中を拝見し、患者さまの口腔内がどのような状態にあるかチェックします。虫歯や歯周病の有無について調べます。

    STEP01 医療面接・カウンセリング・応急処置・検査
  2. STEP02

    精密検査

    診査・レントゲン撮影・CT撮影・歯型採取など

    CTやレントゲンといった設備を使い、歯や顎骨などの状態を詳しく調べていきます。口腔内のあらゆるデータを揃え、トータルで見たときにどのような治療方法がよいか計画を立てていきます。

    STEP02 精密検査
  3. STEP03

    診断・カウンセリング

    治療計画立案

    治療内容のご説明

    お見積もり

    同意書へのサイン

    具体的な治療計画と治療期間や料金、もし治療を希望しなかった場合の代替案などについて、お話させていただきます。ご納得いただいたうえで治療を開始します。

    STEP03 診断・カウンセリング
  4. STEP04

    (必要があれば)準備治療

    虫歯・歯周病などがある場合は先に治療します。

    STEP04 (必要があれば)準備治療

一次処置

  1. STEP05

    一次手術

    インプラント埋入手術

    縫合

    インプラントを顎骨に埋入する手術をします。歯肉を切り開き、骨にドリルで穴を空けてインプラントを埋めます。インプラントの上に歯肉を被せて縫合し、インプラントと骨がしっかり結合するのを待ちます。

    STEP05 一次手術

治癒期間 6~8週

  1. STEP06

    術後のチェック

    インプラントと骨がしっかり結合したか確認します。

    STEP06 一次手術

人工歯装着

  1. STEP07

    上部構造(人工歯)作製のための型どり

    歯型採取など

    STEP7 上部構造(人工歯)作製のための型どり
  2. STEP08

    上部構造(人工歯)装着

    装着・咬合調整

    治療完了

    仮歯を外し、天然歯と調和が取れるよう色合いなどを調整した上部構造を取り付けます。噛み合わせなどに違和感がないか確認し、完了となります。

    STEP8 上部構造(人工歯)装着
  3. STEP09

    メンテナンス・定期点検

    インプラント治療後も、定期的に通院いただいてメンテナンスをしていきます。噛み合わせのチェックのほか、クリーニングを行なってインプラント周囲を清潔に保ちます。

    STEP9 メンテナンス・定期点検

※治療内容や治療期間は、患者さま個々の症例によって異なります。実際に必要となる治療や期間は、精密検査後のカウンセリング時にご説明いたします。

インプラント治療後の注意点

  • 手術後数日は、傷口から出血するおそれがあるため、ハードな運動を避ける

  • インプラント周囲の炎症を防ぐため、日頃から口腔内を清潔に保つ必要がある

  • 定期的にメンテナスに通い、インプラントに問題が起きていないか注意を払う

抜けた歯を補う

歯を喪失した際の補綴治療は、インプラント以外にもブリッジや入れ歯といった方法もあります。当院では、患者さまのご希望や症例に応じてこうした治療方法についてもしっかりカウンセリングしたうえで、対応していきます。

ブリッジ

失った歯の両側にある天然歯を支えにし、その上に連なった人工歯(ブリッジ)を被せる治療方法です。 保険診療があるので低価格で治療を受けることができ、かつ短期間で完了します。一方で、保険診療の場合は銀色で目立つ素材となってしまいます。また、装着の際に両側の天然歯を削るので、注意が必要です。

メリット
  • 保険診療の素材であれば低価格で治療を受けられる

  • スピーディーに治療が完了する

デメリット
  • 保険診療の素材は銀色のため目立ってしまう

  • ブリッジを被せるために天然歯を削る必要がある

  • 片側だけでも天然歯がない場合は適応できない

  • 失った歯の分まで被せた歯に負担がかかる

入れ歯

入れ歯は部分入れ歯と総入れ歯の2つに大きく分けられます。
喪失した歯の周囲にクラスプと呼ばれる金属のバネをかけて人工歯を固定するものを、部分入れ歯といいます。一方、すべての歯が喪失した場合は、床と呼ばれる土台を固定源にして人工歯を装着します。これを総入れ歯といいます。
レジンでできた保険診療の素材がありますが、装着時に違和感があるなどのデメリットがあります。

メリット
  • 保険診療の素材があるので低価格で治療を受けられる

  • 自身の手で着脱できるので洗浄しやすい

  • 歯がすべて抜けていても適応できる

デメリット
  • 保険診療のレジン床は、分厚いため装着時に違和感があるなど問題点が残る

  • ほかの人から見て入れ歯を付けているとわかってしまう場合がある

  • クラスプをかけた天然歯に負担がかかる

  • 失った歯の部分の骨が痩せていってしまう

初診予約・お問い合わせはこちらから

TEL.0265-84-1131

初診予約・お問い合わせ初診予約・お問い合わせ

あるがキッズデンタルパーク